読んだ | 融資が決め手!空室率70%の逆境から12棟を買い進めた鉄板不動産投資術

   

みなさんこんにちは!
はせがわです。

さて、急にめっちゃ不動産投資的な感じになってますね。でも最近しっかり認識したのは、

私にとって不動産投資は絶対にマスターしなきゃいけないスキルであるとゆうことです。

親から譲り受けた何かがあるとかキャッシュが余るほどあるからお金の投入先を探してるとか、そんな感じだったらいいのですが、違いますからね。

やりたいことのために、お金も作りたいし、場所も持ちたい。その中のコミュニティも作りたいし、場づくりがしたい。

その中のすべてのスキルが今は不足してるのですが、その中でも緊急性を有するのが不動産投資家としての力と大家さんとして運営して行くための力です。

 

そんな中、オススメしていただいたこちらの本。

 

「融資が決め手!空室率70%の逆境から12棟を買い進めた鉄板不動産投資術」

この本の著者の椙田さんは、私が先日叱咤激励をいただいた先輩大家さん達のお知り合いで、前に飲み会で一度お話しさせていただきました。

不動産投資の本を10冊と読んでいなかった私は「凄い人なんだな、、、」と思いつつ、自分は恐れ多いからとあまり話せませんでした。

本は100冊読んだ方がいいとよく言いますが、本を読んでるとワクワクが止まらなくなってすぐ突っ走ってしまう私。ですが今回は少し意識的に足を止めて、input多目にしようと思います。大きな決断については特に。
とゆうことで、早速読ませていただきました!今となってはあの飲み会の場に戻って質問しまくりたい、、、ぐぬぬ
不動産投資は投資ではなく事業経営であり、様々な面からの大家力が必要であるとゆうこと。また、実際に椙田さんが経験した失敗談と、それをなんとか立て直したが為に大家としてのスキルが身について行ったことを包み隠さず書いてくれていて、本当に勉強になりました。

不動産投資の捉え方が私の場合甘かったのと、努力が足りていないのがよく分かりました。

こんなことも知らないのかと恥ずかしくなるようなことばかりですが、

始めるのに遅すぎるなんてことはないですし、ピンチはチャンスですし、2人で頑張ろうと思います。

不動産投資家としての心持ちや考え方だけでなく、空室対策や滞納者への対応、融資の引き方や買い進めて行く方法など、具体的に書いてもらえてたので助かりました。

自分の物件に対してできることは、片っ端からトライしてみようと思います。
私達と同じような境遇の方、是非一緒に勉強しましょう!

 

みなさんからもオススメの本あったら是非教えてください。

 - 20代女子の初めての大家業, 復活劇, 本は意外と読む方です